α特進塾(アルファ特進塾)・東進衛星予備校橋本教室

HOMEα特進塾ガイド > 合格体験記

大阪大学 基礎工学部 システム科学科合格!

大阪朝鮮高級学校卒・姜 淳煕(2013年 東進衛星予備校 橋本駅前校)


僕が高2の時は週2回、高3の6月までは週4で東進に通っていました。今考えると、とても両立なんてできる状況ではなかったのにも関わらず、なぜか最後まで部活を両立し無事に引退することができました。時間の合間を縫って東進に通う分、父母の負担や自身の肉体的、精神的疲労も大きかったのですが、しっかりとやり遂げることができたので今でも誇りに思っています。はっきり言って最初は不安でいっぱいでした。周りの高校生たちは必ずと言っていいほど良い友人、ライバルを持った人たちであったのに対し、無名校出身の僕は常に孤独でしたが、そんな中でも校舎長の上村先生やチューターの方々は親身に接してくれました。特に高3になってからは、担任の先生がセンター対策や参考書探しなど、些細なことでも一緒に取り組んでくれました。終わってみるとやはりギリギリ感が否めません。時期的にも学習要領が悪かったせいか、はたまた学校の履修終了時期が遅かったせいなのか、センター試験と2次対策をしたのが、高3の12月以降という受験直前の間際でした。もうちょっと余裕とゆとりをもって臨めばよかったと思います。早めに予定を組んで、志望校を決めておくと、切羽詰まる必要はなかったとつくづく思います。僕が最後まで続けることができたのも、東進の先生たちのおかげだと思います。ありがとう。

大阪府立大学 商学部合格!

初芝橋本高校卒 堀野晴佳(2013年 東進衛星予備校 橋本駅前校)


私は今井宏先生のC組を受講することで、英語に対する意識がだんだんと変化していきました、今井宏先生の授業は文法問題を中心とした講座だったので、文法問題への取り組みや、解くための知識を一つ一つ分かりやすく解説してくれ、納得させてくれるので学習がとてもスムーズでした。また、先生の「ためになるバカ話」がとてもおもしろいです!私は今井先生のC組を受講するまではずっと当てずっぽうで文法問題を解いていたのですが、受講してからはきちんと根拠を考えて解くようになり、センター試験本番では文法問題で満点を取ることができました。センター試験過去問演習講座は、センター試験の過去問だけでなく、センター形式の問題が40題あります。苦手な日本史の時代・単元ごとに重点的に解くことで、一つずつ苦手を克服していくことができました。また、高速基礎マスター講座のアプリは本当にお役立ちアイテムだと思います。私は通学中の電車やバスの中で取り組んでいました。単調な暗記作業になるので気持ちを落ち着けたい時などにも有効でした。自分が苦手な問題にはチェックを付けておいて重点的に繰り返し出題されるように設定することができ、苦手を克服することができるようになっています。英語が苦手だという人や嫌いだという人にこそ、ぜひこのアプリを活用して欲しいです。

ベルランド看護助産専門学校合格!

高3・岡本美憂(高野口教室)


私はベルランド看護助産専門学校を受験し、合格しました。
高校に入って看護師になりたいと思い、看護学校に進学することを決めました。
そして、今年の6月に友人の紹介でアルファー特進塾に入りました。最初は、小論文がまったく書けなかったのですが日々、小論文を書くうちに少しずつ書けるようになってきました。夏休みは、ほぼ毎日塾に来て小論文と国語をがんばりました。書けば書くだけ上達して先生からのマルも増えました。途中、なかなかうまくいかなくて悩んだ時もありました。先生からキツイ言葉もたくさんかけられましたが、自分のために言ってくれていると思ってやり通すことができました。特に面接は何回も練習しました。始めた頃は、全然言葉がでなくて聞かれている質問と全く違う言葉を返したこともありました。先生からは「言葉の知識がない」と言われたこともたくさんありました。思っていたより面接で質問されると心の中では言いたいことがたくさんあっても言葉にして相手に伝えるのは難しかったです。先生からは厳しい言葉を何度もかけられましたが「本気で看護師になりたいのか。」と言われたのが一番辛かったです。でも、その言葉をかけられて「絶対になったる!」と思って自分と戦うことができました。
合格できたのは周囲の方々の支えのおかげです。
看護学校入学後は、必死に勉強して必ず看護師になることを実現します。
今まで本当にありがとうございました。

ベルランド看護助産専門学校合格!

高3・坂本亜侑香(高野口教室)


私は、ベルランド看護助産専門学校を受験して合格することができました。
私は祖母の入院がきっかけで看護師になりたいと思うようになり、高校生活の中でも看護学校に進学することを目標にしていました。私は小5から中3までα特進塾でお世話になっていました。そして今年の春ぶα特進塾で看護コースがあることを知り、再びお世話になりました。
春から毎回小論文と面接練習を吉田先生に指導していただきました。小論文は最初、赤ペンで訂正がいっぱいでした。面接練習もいろんな事を言われました。時には、もう嫌になって看護師を諦めようと思うようになり、学校の指定校の紙を何度も眺めていました。でも看護師になりたいと思う気持ちは一度も無くならなかったので、看護学校に進学することを目指しました。
吉田先生は、授業じゃない日にも小論文を添削してくれたり、面接練習も熱心にしてくれました。
私はベルランド看護助産看護専門学校以外にも三校他に受験しました。その学校は全部不合格でした。家に届く通知が不合格ばかりで落ち込んだ日もありましたが、推薦入試のラストでベルランドの入試に挑みました。その日に何度も今までやってきた面接練習のプリントを見返しました。たくさんの不安や恐怖もありましたが、本番では落ちついてできることができました。そして結果も合格で、とても嬉しかったです。
このように看護学校に合格することができたのは、周りより早く、そして回数多く小論文や面接を指導してくださった吉田先生のおかげだと思います。本当にα特進塾に来て良かったです。私は将来理想の看護師になることを目標に入学してからも頑張ります。
吉田先生、今までありがとうございました。

千里金蘭大学・看護学科合格!

高3・杉谷有希(御坊教室)


私は千里金蘭大学を公募推薦で受験しました。私は面接や小論文が苦手だったので、それらが受験科目にない千里金蘭大学を志望しました。受験科目は国語と英語から1科目、数学と理科から1科目を選択する形式でした。その中から私は英語と数学で受験することを決めました。英語はそれほど得意ではなかったですが、宮岡先生が用意してくれた「リードA」を何回もすることで、文法がだんだんと分かるようになりました。他には自分で単語を覚えるようにしました。数学は吉田先生が用意してくれたプリントの問題を1日30問すると決めて計画的にやりました。あとは我慢せずに遊ぶときは遊ぶ、その後は勉強すると決めてやっていました。
受験勉強をしている中で1度だけ受験が嫌で泣きそうになったこともありました。そのとき同じ塾の友達に相談し、はげまされてがんばろうと思う気持ちが強くなりました。勉強が嫌になったときには、先生や同じ仲間に相談するのがいいと思います。
これからも勉強をがんばって、国家試験を1回で合格し、自分にしかできないことができる看護師を目指していきます。