α特進塾(アルファ特進塾)・東進衛星予備校橋本教室

HOME > 幼児教育

コース紹介

幼児の頃に大切なものは何だろうかと考えたとき、それは好奇心と集中力を育てることではないかと思います。人は なんだろう どうしてだろう という好奇心からどうすればいいんだろうと考え、石斧から自動車まで作り出してきたのではないでしょうか。
そういう心の土台を育む時代にゆっくり自然に成長を促すようにできているのがペイドス幼児教室です。
「ことば」「知識」「記憶」「図形」「数・量」「巧緻性」の6つの分野を体系化した知識開発プログラムで楽しみながら総合的に指導します。
授業中はプリント学習に加え、カード学習、折り紙、点描、パズル、色塗りなどをしているため、お子様は素晴らしい成長が見られます。
小さいお子様にとって、なによりも大切なことは「楽しくてアッというまに時間が経つ」ことだと思います。ペイドス幼児教室は実際皆さんが駆け足でやってきてハーハー言いながら飛び込んでくるくらい、週一回のレッスンを待ちに待ってくれています。
年少さんのお母様の中には「この子は毎朝「今日はペイドス?」と尋ねるんですよ。よっぽど楽しみなんですね。」とおっしゃって下さるかたもちょくちょくいらっしゃいます。
年中さんのお母様は「ひらがなに興味を持ち始めた。」と喜んでくださいます。年中さん段階でひらがなを書く練習をゆっくり始めていきますが、中にはすぐに覚えてお友達に短いお手紙を書くお子様もいます。
年長さんになると、小学校に向かって数の学習が増えます。小学校に入っても十分自信を持って学習に取り組めるように考えてあります。
「楽しくてアッという間に60分が経つレッスン」
「集中力がつくので年少さんから60分間座ることができるレッスン」